たかいところが苦手

クソポエムを低いところから気分でいろいろ書きます。

芸劇ウインド・オーケストラ・アカデミー第4回演奏会に行ってきました。

ブログらしい記事を初めて書く気がする……。

 

3月3日、池袋の東京芸術劇場で行われた「芸劇ウインド・オーケストラ・アカデミー 第4回演奏会」に行ってきました。

 

演奏会を聴く機会は高校までは年1回くらいのペースであったけど、大学に入ってからはなかなかなくて久しぶりだったので結構楽しみでした。

演奏技術とか楽曲については全くの素人なのでその道の方々にお任せするとして、バニラな感想をちょこっと書いていこうと思います。

 

1曲目:ウィリアム・シューマンジョージ・ワシントン・ブリッジ」

今回はアメリカの曲を中心としたコンサートということでした。

題材のジョージ・ワシントン・ブリッジは、ル・コルビュジエが『世界で最も美しい橋』と称するほどの橋です。

プログラムノートに書かれているそのままになってしまうのですが、「橋の様々な表情が音にして表現されている」という言葉その通りにマンハッタンとニュージャージーを結ぶこの橋の様々な表情が思い起こされる曲でした。

最初の一音から引き込まれるという感じで、音の迫力だけでなく空気感まで橋のたもとから眺めているような気持ちになる演奏に思えました。

 

2曲目:ノーマン・デロ=ジョイオ「中世の旋律による変奏曲」

最初のトランペットの響きは、はっきりとしていて、でもどこか物悲しさを感じさせる音がたまらなく好きなってしまいそうでした。

13分という時間の中で、メロディーが次々と表情を変えるのは退屈させられず、終わらないでほしいという気持ちにさえしてくれました。

 

3曲目:サミュエル・バーバー(G.M.デューカー編曲)「交響曲第1番」

元はオーケストラ曲らしいのですが、僕が聴いたのは初めてだったのであまりどうとかということは言えないです。

とはいえ、ちょっと感想を調べてみると評価が高いようです。

 

4曲目:藤倉大テューバ協奏曲」

世界初演のこの曲。

演奏者にエイスティン・ボーツヴィック氏を招き演奏されたこの曲は、チューバなのにチューバらしからぬ音色を奏でる演奏と掛け合いがずっと音楽の世界に引き込んでくるような曲でした。

特にチューバなのですが、素人から聴いても「これは本当にチューバなのか?」という疑問が生まれてしまうくらいの演奏でした。

この曲を作曲するにあたっては「テューバを活かした世界を書けるのは僕しかいない!」という気持ちで書かれたそうだが、本当にその言葉が過言ではないように感じた。

低音はチューバらしく、高音もきれいに響くという演奏で、某アニメキャラに「チューバの良いところはいいところがないところだ」というくらい地味なチューバが普段主演を務めるような他の楽器を食ってしまうくらいに、派手で、魅力的で、それこそ「溶けてしまいそうでした。

 

アンコール1曲目:エイスティン・ボーツヴィック「fnugg」

チューバアンコール。

なんか声が聴こえる!?というこの曲、これに関しては本人の演奏がYouTubeにあったのでぜひ聴いてみてほしい。

実際会場で聴いたときは声がもう少し大きく聞こえたくらいです。(個人的には僧侶をちょっと思い出したり……)

 

5曲目:レナード・バーンスタイン(P.ラヴェンダー編曲)「『ウェスト・サイド・ストーリー』より『シンフォニック・ダンス』」

ほぼ知識のない僕でも知っているこの曲。

語彙力のなさに「よかった」しか言えなくなってしまうくらいなのですが、個人的に面白いなーって感じたのはメンバーの指パッチンでした。

プログラムノートにかかれていたアメリカンな表現ですが、素人目にはミュージカルの場面が目に浮かぶようで23分間ずっと引き込まれっぱなしで、椅子に座っているのに少し疲れてしまったぐらいです。

 

アンコール2曲目:レナード・バーンスタイン「キャンディード序曲」

たぶん音楽全然知らない人でも聴けば知ってる!と絶対に言うであろうこの曲。

アンコールなのに序曲とはこれいかにと思ったのですが、どうやら18番のようでした。

でも終り方としては間違いなく晴れやかで、自信があって新しいステージへ向かうタイミングではいいなぁと思える演奏でした。

 

 

振り返って

今回は招待という形で、2階席の左端で聴いたのですが、普段一階席から聴いているのとはまた違って演奏者が上から見られるというのはけっこう新鮮な体験でした。

チケットも2000円という演奏内容からすると明らかに破格で、アクセスも池袋駅から5分で外を通らずにも行けるという好立地なのに、いかんせん人が少ないようにも感じましたが、実際どの数を販売しているのかわからないのでなんとも言えませんがもっと多くの人に聴いてほしいなぁとも思ったりもしました。

しかし、演奏は本当に素晴らしくて来てよかった!と思えたのでまた機会があれば他の演奏会にも足を運んで行きたいと思うくらいでした。

あとエイスティン・ボーツヴィック氏のCDが、お金がなくて変えなかったのは本当に悔しい……。(血涙)

ツッコミ入れるよりそのまま楽しんだほうが得じゃない?

タイトルそのままです。

ブログなんてTwitterのフォロワーでさえ見ないコンテンツなので、ちょっと話しづらいようなことも書けるのは幸せ!!

ということで、タイトルのお話。

 

まず前提として

僕はお気楽な人間なので基本的にハッピーエンドものが大好きです。

非常につらい現実世界からの逃避で、たのしい物語に触れたい!って気持ちよく分かるし、多分近年の俗に言う「なろう小説」が台頭している理由ってそんなことじゃないかと思うんですよ。

でも、決して不遇エンドとか不幸なオチとかが嫌いなわけじゃないんですよ。

なぜかといえば完結さえしていれば、それは1つのストーリーとして完成しきっているものだから。

 

でも最近ストーリーについて細かいツッコミする人多い…多くない…?

いやそんなこと昔からだったわ。

僕個人としては「自分が楽しめればそれでイイんじゃない?」って考えがあるんですよ。

そりゃあつまらないストーリーだってありますよ。

でもそこをわざわざツッコミを入れるまで読むとかそこまでは面倒くさがりの自分には無理です。

つまらない、自分に合わないと思ったらそこで見るのを辞めてしまえばそれで終りなんですよね。

 

じゃあ批評とかって意味ないの?

いやそりゃありますよ?

僕もアマゾンレビューとか読みますし、感想だって見ますよ。

でもその仕組って、ネットが一般化する以前では簡単には得られないし、批評する人もある程度の経験や実力があるからこそ、批評することが出来たと思うんです。

じゃあ何が言いたいかというと、ストーリーに対して「揚げ足取り」してるようなツッコミが個人的に大っ嫌いなんですよ。

 

実例! こんなレビューは嫌いだ!(個人的意見)

わかりやすく例で僕の嫌いなツッコミを書いていきたいと思います。

 

①:作者の人格否定

いやーこれはもう最低な部類です。

作者が評価されるのは創作物においてのみ、っていうのが基本だと思うんです。

作者がどんな人間のクズでも、作者の書くストーリーに感動したら読者の負けです。星5レビューを投稿しましょう。

やってることが芸能人の不倫報道レベルです。どうでもいい。

 

②:○○のパクリ!

だからなんじゃい!

オマージュってご存知ですか?

文章丸パクリはさすがにヤバイけど、そんなの滅多にないし、似たようなストーリー展開にすると大概売れないと思うんですけど……気の所為?

むしろオマージュの対象になるってことはその作者、あなたがパクリ元だと主張する作品好きすぎませんか?

 

③:文章力がない!

文章力ってなんだよ(哲学)

ざっくりとした批判すぎて作者のためにならない。

逆にお前が読解力無いんじゃないのかと疑われる原因になるレベルです。

中身がスカスカ!っていうのもちょっと……。

 

非建設的な意見は目にされない

レビュー投稿したり、ストーリーを考察して投稿するなら作者のためになるレビューを投稿したほうがお互いのためになる気がするんですよ。

「ここが良かったけどここが物足りない!」って書けば良いんですよ。

読者を感動させられなかったのは作者の責任ですし、それは評判とか売上って形で如実に現れるハズ。

それにさっきも上で書きましたが、「感動したら読者の負け」だと思っています。

感動しなかったのにその作品について感想を述べる時点で、その作品についてかなり気になってるはずですしどうせならもっとその作品がよくなって、僕らの負けが増えればいいと思うんですよ。

 

それに最近はなかなか難しいとは思うんですけど、気になったストーリーがあったらぜひ気軽に触れてほしいです。

それがきっかけになって、自分の何かを変えるかもしれないし。

自分はなんでも楽しめるタイプなので、オトクな人間だなとか思ったります。

 

深夜テンションでこんなブログ記事を更新するのも、ちょっと書きたいなって思わせる物語にであったからだったりもします。

夜寝れないからブログを更新する

最近、いろいろなことをやらなくちゃいけないっていう強迫観念みたいなものを感じる。

それを分類してみると、絶対にしなきゃいけないことと、別にしなくてもいいことの2つになった。(当然だけど)

 

「絶対にしなきゃいけないこと」はやらざるを得ないからやるっていうのはモチベーションが低くなりがちってよく聞くけど、そんなこともない。

やらなくて済むならやらずに終わりにしたい、けどやると以外に楽しいっていうこともある。

でもやらずにいるとそれはなんて面倒なことなんだろうか、という思いしか抱けないから結局「絶対にしなきゃいけないこと」なのにやらずになってしまう。

 

好き嫌いはあると思う。

けど、最初からそれをやらなくちゃいけないのに、逃げられないのに、なぜ逃げてしまうのかがよく理解できない。

モノをやり遂げればなんだかんだで達成感はあるし、身につくこともあるかもしれない。

それを自分から約束しておいて、やらないっていうのはどうかと思う。

じゃあ自分にそれがなかったか、と聞かれると黙ってしまうほかないけど。

 

「やらなくてもいいこと」

これは大概自分に降り掛かってるけど、放置してもいいこと。

でもやったほうがいいに決まってるのはわかっている。けどやる気が出ないのは何故だろうか。

たぶんそれは自分の中で一線を引いてるから。

どこか冷めてる自分が居て、でもどこかに熱い自分もいる。

 

あと、見えてる結果があまり良いことじゃないとき。

あえてその選択肢を選んで地獄へいくか、緩やかな死を迎えるか。

早いか遅いかの違いしかないかもしれないけど、僕はゆっくりのほうがいいなって思ったりするけど、素早さも必要だったり。

 

 

結局、今必要なのは時間なのかもしれない。

いろいろなことをしていく時間で、今までよりどう有効に使っていくか。

残された時間は短いけど、やれるだけやっていこう。

欲望は底なし

2日連続で更新するという異常事態です。

 

冴えない彼女の育てかた最終巻を読み終わりました。

しっかりと原作を買おうと思ったのは、アニメ2期の放映中でそこからは頭がおかしいんじゃないかってぐらいハマってしまいました。

 

電子書籍で買ったので、暗い部屋で読めるのがやっぱりまずいんですよ。

頭のなかでずっと冴えカノのことを考えていて、割りと日常生活に支障が出るくらいでした。

アニメも1期を見終わったら2期、見終わったら1期……みたいな無限ループしてましたし。

 

でもそれくらいに面白くて、ずっと続きが読みたいっていう作品でした。

 

内容がどうとか、そういう話はもっと上手い人に任せるとしてまだ読んでない人へ。

面白いのでぜひ読んで欲しいです。

 

そしてタイトルの通り、まだ続きが読みたいという贅沢な欲望はとどまることを知らずに僕を苦しめています。

まだしばらくポエム期間は続きそうですが、フォロワー諸兄の方々はどうか生暖かい目で「こいつ頭おかしいんじゃねえの」みたいな感じで見てて欲しい……。

 

冴えない彼女の育てかた』。

ありきたりな言葉だけど、シンプルが一番だから。

この作品に出会えてよかった。

終わるのは悲しいけど、とってもとっても面白かった。

そんな物語に出会えて幸せです。

 

 

選択するということ。

『人生は日々の選択の積み重ねだ――』、そんな言葉をどこかで聞いたことがある。

 

確かに言われてみれば朝何時に起きるか、起きないか、そんなところから僕らは日々選択することを世界に、自分自身に強要されている。

 

じゃあ、「選択」ってなんなんだろうか。

たぶん一言で言えば「未来を捨てる」ことだと思う。

 

あの選択があるから今の僕がある。

でももしあのとき、あんな選択をしていたらどんな自分になっていたのだろうか。

それは「僕ではない」からわからない、あくまでも「予想」でしかないわけで。

 

そんな感情が後悔とか、悔しさとかそういったものに結びついているんじゃないか。

日々、そう思わない日はない。

でも些細な幸せが僕らの日常にはきっと待っていて、そんなちっぽけな希望を手にするために必死にあるべき未来を捨てているのかもしれない。

 

全部の選択は正しいし、間違っていると思う。

でも後悔や、悔しさは忘れるべき感情。

忘れなきゃいけない感情じゃないかとも思う。

 

悔しさをバネになんてよく言うけど、縮んだ瞬間に折れたら元も子もないから。

僕は日々、いろんなことを忘れて生きていく。

そんな器用な生き方はできないけど。

 

僕にとって夏は裏切りの季節なんて勝手に呼んでいる。

夏という季節は蒸し暑くて毎年無くなってしまえ、なんて勝手なことを言ってるけどきれいな季節だ。

だからこそ、人の汚さが見える。

それは他人だけじゃなくて、自分も含めて蜃気楼のようにぼやけてるけど確かにそこにある。

 

おかげでここ2年は他人と自分を心から信じられることなんてほとんど無くて、けっこう精神的に参った時期は本当に眠れなくて、睡眠薬に手を出した。

寝ればリセットできてとりあえずは大丈夫かななんて気がしてた。

 

裏切られたことをこんなネットの片隅に書くのはフェアじゃないし、一回それでお叱りも受けているのでここではよかったことを書きたい。

 

昨日と今日とちょっといいことがあった。

多分当人たちは少しも気がついてないだろうけど、僕にとってはとってもありがたかった。

だから直接言えなかった感謝の言葉で締めたいと思う。

ありがとう、多分これからも迷惑かけるけどよろしくね。

来週あたり焼き肉でも行こうや。