たかいところが苦手

低いところから気分でいろいろ書きます。

Tridentというユニットと僕

更新が止まった理由

風邪をひいて寝込んだりして大人しくしていたのでブログを書く時間がありませんでした……。

飽きたわけではないのでまた始めたいと思います。

というわけで本題。

 

解散

 この知らせを聞いた時「とうとうこの時が来た」、という感じでした。

 

Tridentとの出会い

僕がTridentというユニットを知ったのは多くの人と同じく「蒼き鋼のアルペジオ-アルス・ノヴァ-」放映時のエンディングでした。

 

(1話はEDなかったですね…)

 当時、艦これに最もハマっていた時期でコラボするというし潜水艦も出てくるミリタリーアニメらしいということで期待度はかなり大きかったですが、全く情報を集めるようなことはしていませんでした。

オープニングは1話で流れていて格好いいなと素直に思いましたし、2話で初出のエンディングも結構いいなぁとおもって最終話まで見ました。(アルペジオ自体もハマって原作本も少しずつ買い集めました)

たしかInnocent Blueが使われた時にCDを買おうかなとも思いましたが、当時はまだそんなにお金がなく断念した記憶があります。

 

Purest Blue

それは本放送が終わって再放送を東京に来て見ているときでした。

エンディングが変わったのです。イントロで引きこまれました。

再放送でエンディングを変えたり新作パート作ったりするなんて聞いたことはなかったです。(あざとーい!)

新規エンディング曲が入ったアルバムが発売されたのは2014年6月25日。

発売日に買ってすぐスマホに入れて聴き始めました。

 

劇場版DCとBlue Snow

アルペジオ」の劇場版第1作が公開されるのとほぼ同時期に2枚目のアルバムBlue Snowが発売されました。

劇場版でイ401がかえってくるシーンで流れるBlue Snowを聞いた時にまたアルペジオを見ているような実感を持ったのは今でも覚えています。

特に「Lovely Blue」はそれまでとちょっと違った感じで、コミカルさの中にキャラクター性があって初めて聞いた時に特に印象に残りました。

 

Cadenza

完全新作アニメCadenzaは公開日に見に行きました。

Blue Destinyは公開日前に発売されて、劇場に足を運ぶまでに何度も聞きました。けれども、なかなか歌のイメージを掴めずもどかしくいました。カップリング曲は1+1という新しい形で収録されていたのでまだ可能性を感じるアルバムになっていましたし、イメージも掴みやすかったのにこの矛盾がもどかしさを加速させていたような気がします。

そして本編が終わり、エンディングが流れた時何かが氷解したような気分でした。

「あぁ、これで終わりなんだなと」

 

 これから

ここまでいろいろ書いてきましたが僕はTridentのライブにいったことがありません。

それでこんな事を語るのかと言われるような気もしますが、寛大な心で許して欲しいです。

ラストライブの開催が決定していますが行くかどうかはわかりませんが、アルバムは間違いなく買うでしょう。

しっかり聴けるかはわかりませんが、楽しみに待ちたいと思います。

 

 「時」の歩みは三重である。 未来はためらいつつ近づき、 現在は矢のように速く飛び去り、 過去は永久に静かに立っている。――フリードリッヒ・フォン・シラー

 (Wikipediaに劇場版のラストシーンネタバレあるのでまだ見ていない方は気をつけてください……。)